文字サイズ

同大、平尾さんへの追悼星で開幕4連勝

半旗が掲げられた花園で故平尾氏に黙とうを捧げる同大フィフティーン
勝利後、選手らと握手する同大ラグビー部・山神孝志監督(右)
マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた同大SH大越元気
3枚3枚

 「ラグビー・関西大学リーグ、同大45-17関学大」(23日、花園ラグビー場)

 同大が7トライを奪って関学大に快勝し、OBで20日に53歳で亡くなった元日本代表監督の平尾誠二さんに追悼星を捧げた。82~84年度に史上初の大学選手権3連覇を成し遂げた偉大な先輩「ミスター・ラグビー」の魂を胸に開幕4連勝。2年連続の関西王座へ天理大と並び、首位をキープした。

 半旗が掲げられた花園。ジャージーの襟に喪章が着けられ、試合前には黙とうを行った。いつもと違う雰囲気に立ち上がりが硬く、ミスから失点する。しかし、「平尾さんのためにできるのはラグビー。同大らしいラグビーをしようと話していた」とロック山田有樹主将(4年)が言うように、後輩らは、たくましかった。

 前半13分、ナンバー8末永健雄(4年)が左サイドから鮮やかにインゴール左隅に飛び込んで逆転トライ。同17分、SH大越元気(4年)がスキを突き、中央突破からトライを決めた。その後も圧倒し続け、後半44分、山田主将が駄目押しのトライを奪った。

 山神孝志監督(49)は平尾氏とは5学年違いで同大時代は接点はなかったが、社会人でともに監督として対戦した。「やってる選手も見ている人も楽しい」と言う同大のラグビーを平尾氏から受け継いだ。

 「選手は選手の道で平尾さんを背負う必要はないけど、僕が平尾さんに追い付きたい気持ちがあり、僕の思いを選手には託した。僕はもっとアドバイスが欲しかった。もっと平尾誠二に褒められたかった」と、早すぎる死が悔しかった。

 今春からバックスコーチに就任した元日本代表のSO、CTB大西将太郎氏(37)は同大4年時、平尾氏が代表監督時に初めてジャパンに招集された。「(平尾さんの死は)重い。黙とうの時は涙が出た。永遠のヒーローであこがれの存在」と、思い返した。

 指導者として今、感じるのは限られた学生生活でいかに完全燃焼させるかだ。「平尾さんは『今の学生は熱さが足りない』と。心の中にある熱さ、それを教わった。学生にはここにかけて、限られた中で何かを残して欲しい」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス