文字サイズ

千代の富士に「日本一!」出棺時に惜別のかけ声

 参列者にあいさつをする新九重親方(中央左)。遺影を持つ秋元剛さん(同右)と梢(右から2人目)
1枚拡大

 大相撲の元横綱千代の富士で、7月31日に膵臓(すいぞう)がんのため61歳で死去した先代九重親方(本名・秋元貢)の葬儀・告別式が7日、東京・墨田区の九重部屋で営まれた。日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)やプロ野球巨人の原辰徳前監督、歌手の細川たかしら約1000人が、優勝31度を誇り「ウルフ」の愛称で親しまれた大横綱との最後の別れを惜しんだ。戒名は家族の名前が入り「千久院殿金剛貢力優梢禅大居士」。

 献花では棺に故人が好んでいたカトレアの花が添えられた。今はシーズンではないが、全国から集められた。原前監督は「われわれの世代の英雄というか大ヒーロー。非常に強気な方でした。偉業は未来永劫、引き継がれる」。同じ北海道出身の細川も「付き合いは35年になる。還暦土俵入り後の宴会で5、6曲歌わせていただいて、すごく盛り上がった。あの土俵入りは完ぺきだった。あまりにも早い。同じ北海道人として残念」と目頭を押さえた。

 棺は千代丸、千代の国、千代大龍ら愛弟子の手で霊きゅう車に乗せられた。出棺時には会葬者から「千代の富士、日本一!」「ありがとう!」などの声が飛んだ。霊きゅう車は両国国技館に立ち寄り、不世出の大横綱は、最後は栄光と思い出が詰まった地から天国へ旅立った。10月1日には国技館で「お別れの会」が開かれる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス