文字サイズ

冬の内房 根魚ゲーム

 ロックフィッシュの代名詞となるカサゴ。貪欲なフィッシュイーターだ
1枚拡大

 【My リポート・時田眞吉】 千葉 内房・金谷港

 冬の内房で根魚とロックフィッシュ・ゲーム

 手軽なルアーフィッシングで挑戦

 2月に入ると本格的な厳寒のシーズンとなる。海水温も低下して魚の活性も低く、釣りよりもコタツで丸くなっている釣り人も多いのでは!?だが、このシーズンでも釣果が得られて熱くなれるターゲットも存在する。そのひとつが近年人気上昇中でアングラーも急増しているロックフィッシュ・ゲームだ。ロックフィッシュとはアイナメ、カサゴ、メバル、ソイなどの根魚を指し、ソフトルアーを駆使したルアーフィッシングで楽しむことができる。

 そんな根魚ゲームにおすすめの釣り場が内房の金谷港周辺。広大な漁港の左右から延びる堤防で根魚釣りを楽しむことができる。左の堤防は内側の潮通しがよく、夜間はメバルを狙うのに最適なポイントといえる。カサゴやアイナメを狙う場合は、堤防の外側に広がる岩礁帯を狙うとよいだろう。

 右の堤防は先端部には沈み根が入っており、ここではカサゴとメバルの両方を狙うことができるが、狭いエリアなので早めに場所を確保したい。港の内側でも根魚は手にできるが、どうしても型が小さくなる。根魚をルアーで狙うときのタックルはライト過ぎず、ハード過ぎず。弱過ぎると根に入られてしまうので注意。強過ぎるとキャストがしづらくなってしまう。そして、小さなアタリを取る釣りだけに感度も重要だ。

 ルアーはソフトルアーで、カラーやサイズの違う物を各種用意しておきたい。基本的にはテキサスリグとジグヘッドでの釣りがメイン。テキサスリグは10グラム前後のシンカーを使用。ジグヘッドはアイナメ、カサゴを狙う場合は10グラム前後、メバルを狙う場合は0・6~1・8グラムを使用する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス