文字サイズ

アジ絶好釣!!

 アジ3匹を掛けて「ご飯食べる暇がない」と笑う玉田憲司さん
1枚拡大

 【出漁ルポ・塚田とも子】葛西橋「泉水」(デイリースポーツ指定船宿)

 夏が旬!!金ピカで脂が乗って最高においしい!!

 東京湾のLT(ライトタックル)アジが絶好調!夏が旬と言われ、金ピカで脂が乗って最高においしい。デイリースポーツ指定船宿、葛西橋「泉水」の壽丸(ことぶきまる)に乗船すると、期待通りにアジの食い活発。「釣れ過ぎてご飯食べる暇がなーい!」とうれしい悲鳴をあげる人もいるほどだった。

 積田鶴太郎船長の操船で午前7時、泉水の壽丸で出船。川崎~横浜沖の水深15~18メートルを狙った。片天びんにアンドンビシ40号のコマセ釣り。ハリス1・5号全長2メートル、3本バリ仕掛け、ムツバリ10号。付けエサはアカタンを使用。

 船長の合図で釣り始めた。私の釣り座は、左舷前から2番目。

 船長は「仕掛けが2メートルの場合は、オモリが底に着いたら1メートル上げてコマセを振り、さらに1メートル上げて待つ、が基本です」と言う。朝のうちは良型が目立って、右舷胴の間、江東区の高橋要次郎さんが29センチの大アジを釣り上げた。

 船全体で食いが立ち、私にも22センチ級のアジが一荷で来た。高橋さんは手返し良く釣り続けて、120匹(18~29センチ)の好釣果で竿頭になった。アジ釣りのコツを聞くと「必ず同じタナでコマセを振るように心がける。コマセの中に付けエサをなびかせるイメージで釣る」と説明。さらに「今日はずっと入れ食いだった。来て良かった」と喜んでいた。

 釣れすぎてご飯食べる暇がな~い!!

 右舷ミヨシ、江東区の水上勝彦さんも100匹、その隣、さいたま市の長野英之さんも90匹の好釣果だから驚く。右舷、トモから2番、墨田区の玉田憲司さんは「釣れ過ぎてご飯を食べる暇がない。楽しいですね」と笑顔を見せた。

 一方、左舷では「あんまりたくさん釣っても食べきれないから」と、自分のペースで40~50匹釣っている人たちもいた。左舷トモ、江東区の岩見政夫さんは「新しく買った竿を使ったが、バラシが多くて残念です」と悔しがる。それでも食いは活発で船全体でまんべんなく楽しめたようだ。

 ▽泉水=TEL03・3644・9274

 積田船長の話「10時前から下げ潮が効いてきて、1カ所で入れ食い状態になりました。日によってムラはありますが、トップは束超えも期待できます。今後もアジやシロギスに出船します。ともにお土産になりますよ」

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス