文字サイズ

マダイ五目贅沢釣り

 千田沖のタイの食いは活発。この日のレギュラーサイズ
1枚拡大

【出漁ルポ・千葉朗】千田「第一かどや丸」(デイリースポーツ指定船宿)

 イサキにメジナの数釣りも!大型狙える

 南房の千田沖でマダイが好シーズンに入り、好調に釣れている。マダイ釣りでは評判の高い釣り場、今年もしばしば5キロオーバーの特大サイズが顔を出す。イサキやメジナも活発で、ちょっと贅沢(ぜいたく)な五目釣りが楽しめる。デイリースポーツ指定船宿「第一かどや丸」に乗った。

 まずはイサキ狙いで肩慣らし

 午前4時半、千田の第一かどや丸の宿に到着、すぐに千田港に向かい5時過ぎ出船。まずは近場でイサキ狙い。30分ほどの短時間。イサキはあまり大型が出なかったが、数匹を確保。このポイントでもマダイは出るらしいが、イサキ狙いで肩慣らし、といったところ。攻め続ければ数釣りになっただろうが、この日の本命はマダイ。すぐに移動となった。

 本命全員にヒット、良型メジナも活発

 しばらく走って次は真沖の本命のポイント。水深は30メートル前後。ビシは80号。ヒラマサが回っているので「ハリスは4号を使った方がいい」と船長。8メートルの1本バリ。2本バリで狙ってもいいが、ハリスが長いので、1本バリの方がトラブルは少ない。ハリス分だけタナを切ってアタリを待つ。タイはすぐに当たった。船中で2匹、3匹。1キロ弱、やや小ぶりだが食いは悪くない。8時までにほぼ全員がマダイを釣り上げた。ところが、私はこの時合いに乗り遅れてしまった。

 良型尾長メジナ活発。そしてタイ

 ここではメジナもよく釣れる。大きなものは40センチ1キロオーバー。それも黒潮にいる尾長メジナだから上等。引きも強烈だ。ただ、あまりに食いがよく、次々に上がってくると「またメジナか…」と少々ガッカリさせられる。とはいえ、そうこうしているうちに私にもマダイがきた。やはり1キロ弱のやや小型だが、ようやく本命が上がってゴキゲンだ。

 朝のうちこそ風もあり、曇りがちだったが、そのうち日も差して、まずまずの釣り日和。11時半納竿。全員が本命のマダイをゲット。上手な人は5匹と数も出た。ヒラマサは、掛けた人がいたがハリス切れ。

 全員ゲットも「こんなもんじゃない」

 良型のメジナ交じりで釣果としては悪くなかったが、常連や船長は、「こんなもんじゃない」と不満げだった。千田沖のマダイ五目、これから夏まで楽しめる。

 ▽千田「第一かどや丸」=TEL0470・43・1432

 千田「第一かどや丸」的場良明船長「この日は潮が澄んでしまって大ダイが出なかった。ちょっとしたことで潮が濁り、そんな時は、全体にタイの型も良く、数も出る。ヒラマサなど、これからは青物も回ってくる確率が高くなるので、ハリスは4号。マダイやイサキもそれで食ってきます」

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス