デイリースポーツオンラインはこちら >>

ホーム会社案内組織図

仕事紹介

編集局


 デイリースポーツ編集局は製作と印刷の両拠点を置く神戸本社の報道部(運動担当・芸能担当・デジタル担当・写真担当)、整理部と、東京本部の東京報道部(運動担当・芸能担当・デジタル担当・写真担当)で構成されています。

運動担当

 東西の運動担当は野球担当と、それ以外のスポーツ全般を専門とする一般スポーツ担当に分かれています。

 野球担当は国内外のプロ野球、アマ野球を取材。大リーグ取材については米国駐在スタッフを配置し、対応しています。

 一般スポーツ担当はサッカー、ゴルフ、ラグビー、相撲、格闘技や五輪競技など取材範囲が多方面に及ぶため、幅広い適応力と知識が求められます。

 取材現場に指示を出すデスク業務については、神戸本社にある整理部門との連携を重視して、野球・一般スポーツとも神戸に一元化しています。

芸能担当

 芸能セクションは芸能界のニュース、出来事やタレントの動向を紙面化し、必要に応じてデジタル情報として利用しています。芸能ニュースはスポーツ紙コンテンツということもあり、情報産業としての価値は非常に高いものがあります。

 特にデジタル媒体との親和性が高いことから、最近ではデジタル担当との融合を進め、より効果的な情報集約・出稿配信の方策を日々探り続けています。

 デスク業務については首都圏での取材が圧倒的に多いことから、東京に作業拠点を置いています。

 レジャーセクションは釣り、旅などを担当。長く愛される嗜好の世界をカバーしています。

デジタル担当

 「デイリースポーツオンライン」(WEBサイト)や「阪神Vデイリー」「特選格闘技」をはじめとする有料携帯サイトの運営のほか、ポータルサイト「ヤフー!ジャパン」など他社媒体へのニュース配信業務を主に行っています。

 各部の取材記者から出稿された記事を送信する速報デスクは、東西に配置して朝から深夜にわたる作業を担当しています。

写真担当

 カメラマンの取材活動域はスポーツ全般、芸能、競馬を中心としたレースなど極めて広く、豊富な知識と瞬発力が要求されます。また、気象条件の影響を受けやすい屋外での業務も多く、体力が必要とされるポジションでもあります。

 新聞全体は完全にデジタルカメラへの移行、フィルムレスの時代となり、時間、場所を問わない送信が可能となりました。写真記者の取材範囲はこれまで以上に広がっています。

整理部

 デイリースポーツでは全国に発行するすべての紙面を神戸で製作し、各印刷拠点に電送するというシステムをとっています。整理部は原稿と写真を素材に読者の共感を呼ぶ見出しをつけ、ニュース価値を判断した上で紙面レイアウトを行っています。また、電子新聞の発行や他社配信業務にも取り組むなど、デジタル媒体の拡充にともない、その守備範囲も広がっています。

 整理記者に求められるのは直感的センス、的確な判断力、そのもととなる豊富で正確な知識、また刻々と進化する機器操作に対する理解力などです。取材出稿部門と印刷、発送までの工程をつなぐ重要なジョイント部分に位置していることもあり、新聞製作の中枢を担っていると言えます。


販売局


 販売局は、新聞社の収入部門として、紙媒体の「デイリースポーツ」と「競馬新聞馬サブロー」(関東地区のみ)の販売促進活動をしています。当然ながら、いかにして数多く売り、収入を伸ばすかが重要な仕事です。新聞社は、メーカーの立場として、新聞販売店や駅売りなどの即売業者を経由して読者(消費者)に販売する流通システムを採っています。デイリースポーツは読者に直接販売する全国紙や有力地方紙の販売店、駅売店やコンビニに納入する即売業者を取引先とし、売上部数を伸長するための企画や宣伝PRを立案し、推進しています。

 また、新聞内容による販売状況の把握と編集部門へのフィードバックも大きな役割です。販売注文部数の増減管理や請求書発行、入金処理、各種資料作成など事務系の内勤業務も担っています。


広告事業局


広告部門

 日々の戦いは、一般紙や他のスポーツ紙との勝負です。クライアントへの目新しい提案、販促につながる提案を投げ、クライアントの宣伝予算を少しでも多くデイリースポーツへ割いてもらいます。

 提案が実り、クライアントに喜ばれたときの達成感は何事にも代えがたいものがあります。

 そして、タイムリーな提案のためには、常に近未来の社会の動きを追いかけなければなりません。

 夏冬のオリンピック、野球のワールドベースボールクラシック、阪神タイガースの優勝、新しく封切られる映画、大相撲、ゴルフの新製品の発売…。“ネタ”はそこら中に転がっています。そのネタをもとに、いかにデイリースポーツの新聞広告に具体化するかが、私たちの仕事です。

事業部門

 ゴルフ大会、将棋大会、釣り大会、少年野球、フォトコンテスト。スポーツや趣味、レジャーとされるイベントを主催や後援するのが私たちの事業になります。事前の準備をぬかりなくこなし、成功した事業は、誰かに自慢したくなるほどです。時代が求めるイベントを仕込むこと、そしてその事業を通じてデイリースポーツのファン拡大につなげることが任務です。