文字サイズ

【4月28日・早大-明大】明大・森下暢、将来性を感じさせる投球

 「東京六大学野球、早大3-2明大」(28日、神宮球場)

 元阪神スカウトの菊地敏幸氏は明大・森下暢仁(まさと)投手(3年・大分商)の将来性を感じさせる投球に目を見張った。この日は早大・吉沢に2本塁打を浴び、7回1/3を投げ3失点で今季初黒星。結果を出せなかったが、「非常に光るものがありました」と評価した。

 同氏は「うまく緩急を使った投球もできる」と指摘。180センチの長身から放たれる角度のある直球と、縦割れのカーブのコンビネーションは打者にとってやっかいだ。

 現状ではスタミナ面の不安はあるものの、「しっかり練習を積めば来年の目玉になる、注目されるピッチャーに育っていく」と大学屈指の右腕に成長する可能性を見いだした。

 ◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。ポジションは捕手。89年にスカウトとして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。13年限りで阪神を退団した。今年から「AbemaTV」で東京六大学野球リーグの解説を担当。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      六大学野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス