文字サイズ

広島の松山が新型コロナ陽性、15日実施の1軍PCR検査は全員陰性

 広島は15日、松山竜平外野手(36)が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。松山は15日に38・5度の発熱と倦怠感を訴え、PCR検査を受診。同日に陽性判定を受け、管轄保健所の指示があるまで自宅療養を行う。

 これを受け球団は1軍の選手、首脳陣、スタッフ計65人を対象にPCR検査を実施し、全65人の陰性が確認されたことも発表。なお、曽根海成内野手(26)とスタッフ1人に濃厚接触の疑いがあるため、2人は自主隔離の措置を取っている。

 球団は「引き続き感染対策を徹底し、予定通り活動を継続いたします」としており、予定されている16日からの中日2連戦(マツダ)も開催する運びとなった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス