文字サイズ

広島・中村奨、ポスト誠也狙う!捕手併用も「外野でレギュラー取れるように」

 外野でノックを受け、好捕をアピールする中村奨
 外野の守備に就いてノックの打球を追う中村奨
2枚

 広島の中村奨成捕手(22)が18日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、200万増の900万円でサインした。今季は自己最多の39試合に出場してプロ初安打や初本塁打を記録し、4年目で初の増額をつかんだ。今季は主に外野手として出場。来季も捕手との併用となるが、メジャー挑戦を表明した鈴木誠の後釜として定位置奪取を狙う。

 プロ4年目。飛躍のきっかけをつかんだ。それでも中村奨には強い危機感がある。「何とかつながった。来年は今年以上の結果を残して定位置をつかみたい」。勝負の5年目へ向け、胸の内に秘めた思いを言葉に変えた。

 初の増額をつかんだ契約更改交渉の場。球団からは来季も捕手と外野手の併用を告げられた。捕手へのこだわりを捨てた訳ではないが、外野での出場に強い意欲がある。

 今オフ、鈴木誠がポスティング制度を利用してのメジャー挑戦を表明。実現すれば外野の1枠が空く。「僕の中ではそこを狙いたい気持ちが強い。外野でレギュラーを取れるように」と力を込めた。

 今季は自己最多の39試合に出場してプロ初安打、初本塁打を放った。打率・283、2本塁打、5打点。オフはさらなる打撃力向上を目指している。

 10月のフェニックス・リーグからフォームを再考。構えた時、投手側に傾いていたバットのヘッドを真っすぐ立てる形にした。「直球に振り遅れることが多かった」。変化球は捉えられたが、速球への対応力が課題だったと自己分析。スムーズにスイングするために、試行錯誤してたどり着いたフォームだ。

 秋季練習では手応えをつかんだ。オフは無休でスイングを続ける予定。「とにかく振り込んでいきたい」。力強く結んだ言葉に、強い覚悟がにじんだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス