文字サイズ

広島・高橋昂痛恨1球「完全な失投」阪神4番マルテに3ラン被弾

 「広島1-4阪神」(11日、マツダスタジアム)

 左翼席へ白球が消えた。広島・高橋昂は額の汗をぬぐうと、視線をマウンドに落とした。指先が狂った痛恨の1球。マルテに許した先制の3ランが黒星に直結した。

 「完全な失投。大事なところで…決め切れなかった」

 0-0の六回無死一、二塁だった。追い込み、内角を狙った直球が真ん中高めに浮いた。猛虎の4番は見逃してくれなかった。

 相手先発の秋山が快投を続けていた。若鯉は走者を背負いながらも五回まで粘りの投球で得点を許さなかった。だからこそ「あの1球がすごい悔やまれます」と肩を落とした。

内容に手応えも

 前回4日のヤクルト戦は6回5安打無失点。要所で踏ん張ったことが3勝目につながった。だが5回0/3を7安打3失点で終えたこの日の一戦は失投に泣いた。「1球だけだったけど、4番に対して中に入ってしまったから打たれた、ではダメというところ」と佐々岡監督。修正を促し、次回登板でのリベンジに期待した。

 ただ、かつての球威や力強さなどは取り戻しつつある。「五回までの投球ができたなら、良くはなっていると思う」と言葉を紡いだ左腕。先発ローテの座を守り続けるためには結果が求められる。悔しさを新たな力に変えてマウンドに上がる。 

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス