文字サイズ

広島・佐々岡監督「野間が2回ゲッツー、計算していないところ」拙攻で4連勝逃す

 「広島1-4中日」(8日、マツダスタジアム)

 広島は投打が奮わず中日に敗れ、連勝は3でストップした。

 二回、先頭の鈴木誠が25号ソロ。球団史上16年ぶり、6人目となる5試合連続本塁打で幸先良く先制した。しかし三回以降は相手先発・松葉の前に沈黙。初回、三回、八回と3度の併殺で好機をつぶし、拙攻が目立った。

 三回は無死一、二塁で野間が初球をバント見逃し。その後カウント2-2から二ゴロ併殺に倒れた。佐々岡監督は「ゲッツーはないだろうなと。それがゲッツーになってしまった。こっちはそういう思い(ゲッツーはない)で打たせました」と俊足の野間に打たせた意図を説明した。

 八回も1死一、二塁で野間が投ゴロ併殺。一塁の判定を巡り、要求したリクエストも実らず、好機を逸した。「野間が2回ゲッツー、こっち(ベンチ)からしたら計算していないところ。相手の守備にうまくやられたという感じがします」と7安打を放ちながら1得点の攻撃を嘆いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス