文字サイズ

広島5位浮上 爆笑お立ち台 鈴木誠「大地さんがガリガリに」大瀬良「しっかり食べます」

お立ち台でポーズを決める大瀬良(左)と鈴木誠
 9回表に登板し、最後を締めくくった栗林(撮影・立川洋一郎)
 勝利が決まりナインを出迎える(右から)大瀬良と鈴木誠(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島6-2中日」(12日、マツダスタジアム)

 広島が投打のキャプテンの活躍で快勝。敗れたDeNAに代わって5位に浮上した。

 1点を追う初回、無死満塁から4番・鈴木誠の走者一掃の3点適時打で逆転。鈴木誠は今季4度目の猛打賞で攻撃陣をけん引した。

 先発・大瀬良は7回2失点で4月9日以来、約3カ月ぶりの3勝目。2人は試合後、お立ち台に上がり、大瀬良は「色んな形で迷惑を掛けてしまった。復帰してからもなかなか勝てなくて、本当に苦しい思いでいましたけど、何とか戦い続けるしかないので、とにかく前を向いて頑張ろうと、その思いだけで過ごしてきました」と白星をかみしめた。

 右腕を援護した鈴木誠は「なかなか大地さんに勝ちがつかなくて、僕もその試合で打てていなかった。大地さんがどんどんガリガリになって心配だったんですけど、きょう打てたので、少しはガリガリが収まってくれたらいいなと思います」とスタンドのファンの笑いを誘った。

 これに大瀬良も呼応して「僕はおそらく、きょうで前半戦最後だと思います。五輪期間中にしっかり食べて、体を大きくして、後半戦も頑張りたいと思います」と意気込んだ。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス