文字サイズ

デイリーが選ぶ今季カープ10大ニュース…菊池涼守備率10割、誠也3割25発、1位は?

10勝目を手にして笑顔を見せる森下=11月1日、ナゴヤドーム
3枚

 デイリースポーツ独断で選定する「2020年カープ10大ニュース」をお届けする。

(1)森下10勝マーク、新人王を獲得

(2)鈴木誠、史上4人目「3割、25発」

(3)菊池涼、史上初二塁で守備率10割

(4)鯉一筋19年、石原慶が現役引退

(5)鯉のプリンス堂林が11年目の復活

(6)佐々岡カープ、無念5位に沈む

(7)エース大瀬良ら主力に故障者続出

(8)ドラフト1位にトヨタの剛腕・栗林

(9)K・ジョンソンが大不振で退団

(10)坂倉、大盛、塹江…若ゴイ躍進

(次点)小窪が新天地求めて退団

  ◇  ◇

 鯉党にとって希望の光となったのがドラフト1位ルーキー・森下の活躍だった。開幕から先発ローテに入り、チームトップの10勝(3敗)をマーク。防御率1・91で、目標だった新人王を獲得した。

 鈴木誠、菊池涼も偉業を成し遂げた。鈴木誠は史上4人目となる5年連続の「3割、25本塁打」をマーク。王貞治、落合博満、小笠原道大の偉大なバットマンに肩を並べた。菊池涼は無失策で二塁手としては球界初となる「守備率10割」を達成。最多得票で8年連続8度目のゴールデングラブ賞も獲得した。

 “鯉のプリンス”堂林の復活もファンを喜ばせた。入団2年目に大ブレークも、その後は年々右肩下がり。背水の決意で挑んだ11年目の今季、勝負強い打撃がよみがえり、打率・279、14本塁打、58打点を記録した。捕手の坂倉、育成出身の2年目・大盛が1軍に定着し、投手陣では塹江やケムナが「勝利の方程式」入りするなど若鯉の台頭もあった。

 佐々岡監督は采配面で誤算が続いた。開幕からストッパーを固定できず迷走。開幕投手を務めた大瀬良や野村、西川、会沢ら主力に故障者が出たこともあり、最後まで浮上することなく、優勝した巨人に13ゲーム差をつけられて5位に沈んだ。

 球界の秋は“来る人・去る人”の季節でもある。カープ一筋19年の石原慶が引退を決断。石原慶とバッテリーを組み、カープ3連覇に貢献したK・ジョンソンは0勝7敗の大不振で今季限りで退団。小窪も他球団でのプレーを希望し、退団の道を選んだ。一方、ドラフト会議では昨年の森下に続き、即戦力右腕の一本釣りに成功。トヨタ自動車の剛腕・栗林をドラフト1位で獲得した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス