文字サイズ

広島・佐々岡監督「負けた悔しさ持っている」若手中心の秋季練習スタート

 広島は16日、マツダスタジアムで秋季練習をスタートさせた。松山、鈴木誠らの主力は全体練習に加わらず、若手を中心に19人が参加した。佐々岡真司監督(53)は「きょうからスタート」と来季へ向け号砲をならした。

 約4時間の練習。投手はキャッチボールやノック、野手は守備練習や打撃練習で汗を流した。秋季キャンプがない今秋。同練習は27日まで続く。

 今季、チームは2年連続のBクラスに終わった。悔しさを胸に励む練習期間だ。佐々岡監督は「個々に、重点的にやっていくと思う。負けた悔しさをみんなが持っている。来季は勝って喜びを味わいたい、そう思って練習する」と力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス