文字サイズ

広島・佐々岡監督 再上昇の堂林に「そこが今年の成長」

 阪神に勝利しナインと喜び合う広島・堂林(撮影・立川洋一郎)
8回、適時打を放つ広島・堂林翔太=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
5回裏広島2死一、三塁、適時打を放つ広島・堂林翔太=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島9-3阪神」(7日、マツダスタジアム)

 広島は打線が奮起して、引き分けを挟んで今季最長の4連勝。先制された中、攻撃陣が粘って快勝を収めた。

 2点を追う二回は長野と堂林の連続適時打で同点。三回に1点を勝ち越されたが、五回は会沢が決勝点となる逆転の適時二塁打。岩田のツーシームを右翼線に運んだ。さらに堂林も適時打で続き、3点を奪って逆転。長野は今季3度目、堂林はチームトップとなる9度目の猛打賞と6、7番の2人が計6安打5打点と躍動した。

 佐々岡監督は長野に「いやらしいというか、いいつながりをもたらしている」と打戦全体に与える好影響に言及。開幕当初は絶好調ながら徐々に下降線をたどっていた堂林は、再び上昇気配を見せている。その姿に指揮官は「そこが今年の成長だと思う」と頼もしそうに振り返った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス