文字サイズ

広島 鈴木誠&松山の連続適時打で3点先取 藤浪の立ち上がりを攻める

 1回、鈴木誠は左前に先制適時打を放つ(撮影・山口登)
2枚

 「阪神-広島」(14日、京セラドーム大阪)

 広島が初回、藤浪に集中打を浴びせて3点を奪った。

 先頭の西川が初球の直球を中前へ。羽月は送りバントのサインでファウルしたものの、打ち直しで左前打を放ち、無死一、二塁だ。長野の二ゴロで1死一、三塁となったが、鈴木誠が先制の左前適時打を放った。

 さらに1死一、二塁で松山の左中間への2点適時打で加点した。

 朝山打撃コーチは「真っ直ぐは力強い球が来ているが、変化球のコントロールにばらつきがある。まずは、その速い真っすぐにしっかりと入っていくこと。ポイントを前にして、センター方向に打ち返す意識でいってもらいたい」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス