文字サイズ

北別府さん ブログでも退院を報告「励ましは本当に大きな力でした」白血病闘病中

 約2カ月の入院生活を終え退院し、迎えの車に乗り込む北別府学氏
長女・優さんに車いすを押されて病院を出る北別府氏。(左は)孫を抱く妻・広美さん。
2枚

 1月に成人T細胞白血病を公表し闘病生活に入っていた広島OBの北別府学氏が11日、末梢血幹細胞移植を終えて広島市内の病院を退院した。今後は自宅から通院治療を続ける。

 この日、ブログでも報告し、「お陰様で退院しました。自宅に帰ることができ感無量です。皆さんの励ましは本当に大きな力でした。心よりお礼を申し上げます」と感謝した。

 1月から闘病生活に入り、1月から2クールの化学療法を終え、治療の山場である末梢血幹細胞移植を5月19日に終え約2カ月の入院生活を終えた。

 通算213勝を挙げたカープの大エース。闘病生活に打ち勝ち、地元局の番組に出演することもひとつの目標に掲げており「214勝目 番組復帰出来た際に勝利宣言させていただきます!」と前向きにつづった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス