文字サイズ

広島OBの北別府学さんが白血病 地元テレビの生放送で公表

番組に生出演するため、テレビ局入りする北別府学氏=広島ホームテレビ(撮影・立川洋一郎)
3枚

 広島の元エースで通算213勝を挙げた北別府学さん(62)が20日、レギュラー出演している地元局・広島ホームテレビの「みみよりライブ 5up!」に生出演し、成人T細胞白血病であることを公表した。

 北別府さんは番組冒頭からにこやかな表情で登場。「教えて!レジェンド」コーナーなどではカープ春季キャンプのメンバー発表について笑顔を交えながらコメントした。そして番組の最後に、司会のアナウンサーの「北別府さんからご報告があります」という言葉を受けて、2年前に白血病と診断されたことを明かした。昨年11月頃から数値が悪化。解説者としての活動をしばらく休止し、本格的な治療に専念することになったという。

 今後は抗がん剤など化学療法で白血球の数値を抑えながら、ドナーからの骨髄提供を待つ。北別府さんは「自覚症状がないので病気にかかったという感覚はないが、数字は確か。元気なうちにしっかり治して、また帰ってきたい」と話した。

 北別府さんは75年度ドラフト1位で広島入団。78年から88年まで11年連続2桁勝利達成。82年に20勝。86年は18勝でリーグ優勝に貢献した。2年に20勝。86年は18勝でリーグ優勝に貢献した。最多勝2回、最優秀防御率1回、最高勝率3回、MVP1回(86年)、沢村賞2回(82、86年)、ベストナイン2回(82、86年)、ゴールデングラブ1回(86年)、オールスター出場7回。通算515試合213勝141敗5セーブ、防御率3.67。

 94年に現役引退後、01~04年まで広島投手コーチを務めた。12年に野球殿堂入り。野球解説者として活躍する一方でブログやユーチューブでの情報発信をしてきた。また、一昨年から福山・英数学館の野球部コーチを務めるなど、精力的に活動している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス