文字サイズ

昨年左肘手術の広島・高橋昂、監督から金言 床田を例に「焦らずゆっくり」

 昨年2月に左肘の手術を受けた広島・高橋昂が、佐々岡監督の言葉を力に換えた。

 13日、キャッチボール終了直後に顔を合わせると数分間、会話し「床田という良い例がある。焦らずゆっくり、と言ってもらいました」。

 トミー・ジョン手術から約1年が経過し回復は順調。3月には打者に投げる予定で、今季中の1軍登板を目指して確実に前へ進む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス