文字サイズ

五回に一挙4点でカープ再逆転 2点適時打の安部「何とか食らいついていった」

 5回、2点タイムリーを放つ安部(撮影・飯室逸平)
 5回、勝ち越しの押し出し四球を選ぶ会沢(撮影・飯室逸平)
 5回、相手エラーを誘う鈴木(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「広島-ヤクルト」(14日、マツダスタジアム)

 広島が1点を追う五回、一挙4点を奪い逆転に成功した。

 2死一、三塁。鈴木のサード強襲のゴロを三塁村上がはじくエラーで同点に追いついて先発の原をマウンドからひきずり降ろした。

 西川は、2番手のハフからストレートの四球を選び満塁とチャンスを広げ、続く会沢は押し出し四球を選び勝ち越した。

 なお満塁の場面で打席には安部。動揺が隠せない左腕から痛烈なセンター返しの2点タイムリーを放った。

 一塁上で拳を握りしめてガッツポーズした安部は「打ったのはスライダーかな。覇気を出して何とか食らいついていきました!」と振り返った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス