文字サイズ

緒方監督、勝因は…「1番は祐輔」 今季2度目の6連勝

 7回終了後、選手交代を告げる緒方監督(撮影・飯室逸平)
ウイニングボールを受け取り笑顔の広島・野村(中央)
2枚2枚

 「広島9-3巨人」(10日、マツダスタジアム)

 広島が先発・野村の好投と鈴木の2本塁打などで、今季2度目の6連勝を果たした。試合後、緒方監督は「1番は祐輔」と野村の好投を勝因に挙げ、「素晴らしいピッチングを久々に見た。状態の良さプラス、石原のリードがさえていた」と久々に野村とバッテリーを組んだベテランのリードをたたえた。さらに「内野陣もしっかり守って、難しいゴロをアウトにして助けてくれた」と続けた。

 采配もズバリ的中した。初対戦のメルセデスは右打者より左打者に分が悪いため、そのデータ通りスタメンに左打者をズラリ。野間、松山、西川が得点に絡み、試合前まで防御率0点台だったカープアカデミー出身の助っ人を沈めた。

 緒方監督は「誠也のホームランから始まって、2本目も非常に大きかった。つなぎの中でタイムリーが下位打線にも出ていた。非常にいいゲームだった」とうなった。最後に1軍復帰後初登板で八回無死満塁のピンチ、九回も抑えた今村の投球に「いいピッチングをしてくれた。球も戻っていると思う」とうなずいていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス