文字サイズ

中崎 イニングまたぎで18S「アウトを一つ取ればと」

 「阪神3-5広島」(22日、甲子園)

 広島の守護神・中崎がピンチの芽を摘み、18セーブ目を挙げた。5点のリードで迎えた八回、2点差まで迫られなお2死二、三塁のピンチで登板。伊藤隼に粘られながら9球目の150キロで遊飛に打ち取った。

 中崎は試合後、「2アウトだったのでアウトを一つ取ればという気持ちだった」と汗をぬぐった。今季初のイニングまたぎについては「初めてじゃないので」と頼もしかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス