文字サイズ

緒方監督 ナゴヤドームで5連敗の屈辱「どのチームにも弱点はある」

ベンチでうつむきながらメモを取る緒方孝市監督(右)ら広島首脳陣=ナゴヤドーム(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「中日5-2広島」(16日、ナゴヤドーム)

 首位広島がナゴヤドームで2005年以来、13年ぶりとなる開幕5戦5敗を喫した。

 打線が中日の先発柳の前に沈黙。緒方監督は「いい投球をされた」と振り返った。

 今季ナゴヤドームで5連敗となったことについては「君たちはそうやって書けばいい」と語り「常々言っているけど、1試合1試合しっかり戦っていく」と前を向いた。

 前日15日の同戦では4盗塁を許し、この日も初回の大島の二盗からピンチを広げ、先制点を献上した。連日、足でかき回されチームの課題が浮き彫りになりつつある。指揮官も「うちは完成されたチームではない。どのチームにも弱点はある」と受け止めていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス