文字サイズ

逆転の広島! 早くも14度目の逆転勝ちで2連勝 巨人はリリーフ陣が誤算

巨人に連勝し勝利のヒップタッチを交わす(左から)広島・鈴木、広島・下水流、広島・野間=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
8回広島、無死二塁、右前に勝ち越しタイムリーを放つ広島・菊池涼介=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「広島3-2巨人」(3日、マツダスタジアム)

 広島が今季14度目の逆転で、2連勝を飾った。

 1点を追う六回、バティスタの中前適時打で同点。八回には無死二塁、カウント1ボールから菊池が意表を突くバスターで右前打。右翼手・亀井の失策が重なり、勝ち越した。

 先発の岡田は8回2失点で4勝目。九回は守護神・中崎が三者凡退に仕留めた。

 巨人は沢村、マシソンが誤算。二回に小林の2点二塁打で先制したが、逆転負けを喫した。

 菊池は「初球ぬけてきた。(2球目に)真っすぐが来るかなと」と読み通りの一打に納得の表情。本拠地でのお立ち台に「今日はヒーローあるかなあとか考えていました。最近、野間にヒーロー猛打賞とられていた。何とかマツダで立ちたかった」と笑い、大歓声を浴びた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス