文字サイズ

広島・大瀬良、プロ入り最多の230球

230球を投げ終え、笑顔を見せる大瀬良(撮影・吉澤敬太)
精力的にブルペンで投げ込みをする大瀬良(撮影・吉澤敬太)
精力的にブルペンで投げ込んだ大瀬良(撮影・吉澤敬太)
3枚3枚

 「広島秋季キャンプ」(10日、日南)

 広島の大瀬良大地投手(26)がプロ入り最多となる230球のブルペン投球を行った。下半身を使うことを意識し、習得を目指す落差の大きいフォークも交えながら投げ込んだ。

 約1時間半の投球練習を終えた大瀬良は「170球くらいからいいモノがでてきた。疲れてくると下半身をしっかり投げないといけないので、意識しながら投げた。疲れてきたときでもいいバランスで投げられるようにと、最後の一踏ん張りができるようにしたい」と投げ込みに手応えを感じ取った。

 秋季キャンプはこの日で第1クールが終了。1日の休養日を経て、12日から第2クールが始まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス