文字サイズ

捕手・船越が内外野に挑戦、ドラ1中村の存在も刺激「厳しい状況にある」

 高ヘッドコーチ(右)から内野守備の指導を受ける広島・船越=マツダスタジアム
1枚拡大

 広島・船越涼太捕手(23)が3日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で行われた秋季練習に参加。内野に初挑戦した。ゴロ取りやノックを受け「基礎練習です。やるしかないです」と充実した表情で振り返った。

 本職は捕手だが、前日2日は外野にトライするなど、今秋からマルチプレーヤーを目指している。来季はドラフト1位中村(広陵)が新加入し、ルーキー坂倉も成長中。船越は「厳しい状況にある。いかに自分の場所を作っていくかが大事」と力を込めていた。来季はプロ3年目。悲壮な覚悟を持って自分の居場所をつかみにいく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス