文字サイズ

広島、円陣効果で五回に3点先制 田中&菊池適時打 四回までノーノー石田攻略

5回2死満塁、先制打を放つ田中=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
3枚

 「セCSファイナルS・第1戦、広島-DeNA」(18日、マツダスタジアム)

 広島が五回に0-0の均衡を破った。

 DeNA石田に四回まで無安打に抑えられていた広島は、五回の攻撃前に円陣を組んだ。この回先頭のバティスタがストレートの四球を選び、「6番一塁」で先発出場していた新井がカウント2-2から2球ファウルで粘り7球目の変化球を左前に運ぶチーム初安打で続いた。西川が送りバントを決め1死二、三塁。会沢が四球で歩き満塁とした。

 薮田は空振りの三振で2死となり、田中が中前に2点適時打を放った。「打ったのはフォーク。やぶ(先発の薮田)が頑張っていたので、タイムリーになってよかったです」と胸を張った。

 なおも二、三塁から菊池の遊撃適時内野安打で1点を加えた。「打ったのはチェンジアップ。とにかく必死に走りました」と、一塁へのヘッドスライディングでセーフの判定を勝ち取った。シーズン中もチームをけん引し続けた1、2番コンビ。この日も2人が四回まで無安打だった重苦しい空気を振り払った。

 CSで著しい活躍を見せる田中。今年と同じDeNAを相手にした昨年のCSファイナルSでは打率・833、出塁率・882の活躍。得点には結びつかなかったが、この日の初回にも四球で出塁するなど切り込み隊長としての役割を担った。

 先発の薮田は、雨が降る悪コンディションの中で五回まで2安打無失点の好投。五回終了後、マウンドとホームにシートがかけられ、雨天のため中断となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス