文字サイズ

鈴木が同点タイムリー「いいところで出た」七回1死まで無安打も

 7回、鈴木は左前に同点となる適時打を放つ
2枚

 「広島-中日」(8日、ナゴヤドーム)

 広島が同点に追いついた。

 1点を追う七回だ。1死から菊池が中前へ、チーム初安打を放った。この一打で重苦しいムードが取り払われると、続く3番丸が右翼線二塁打で続いて1死二、三塁。さらに、4番鈴木が三遊間を破る同点タイムリーを放った。勝負どころでの貴重な一打に、若き4番は「いいところで一本出て良かったです!!」と喜びを爆発させた。

 六回まで無安打と完璧に封じ込まれていた中日の先発・鈴木をようやく捉えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス