文字サイズ

初先発の高橋樹が初黒星 プロの洗礼に「力のなさが出てしまった」

4回、桑原(後方)に適時二塁打を打たれた高橋樹=横浜スタジアム
1枚拡大

 「DeNA13-3広島」(4日、横浜スタジアム)

 プロ初先発した2年目の高橋樹也投手は4回7安打8失点(自責点3)でプロ初黒星を喫した。

 3-0の二回に安部の失策が絡んでピンチが広がると、桑原に満塁弾を被弾するなど5失点。四回にも4本の長短打を集められ3点を失った。筒香やロペスを無安打に封じたが、その他の打者に痛打された。打たれた7本の安打は、全て直球だった。

 「真ん中に球が集まった。高めにも行った。修正ができなかったし、力のなさが出てしまった。もっと上のレベルを目指して球の切れを上げたり、他のボールを覚えたりするのも選択肢になります」

 ジョンソンが左足の故障で長期離脱中だ。緒方監督は「良いボールもあったけど、ランナーを出してから踏ん張り切れなかった。次、下で頑張ればチャンスはある」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス