文字サイズ

鈴木が七回の同点機に凡退 3回の好機にも打てず「やるしかない」

7回、一打同点の好機に凡退しぼう然と立ちつくす鈴木(手前)
3回広島、1死一、二塁、内野フライに倒れる広島・鈴木誠也=甲子園(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「阪神2-1広島」(17日、甲子園球場)

 広島の4番・鈴木が同点機で凡退した。

 1-2の七回、先頭の田中が遊撃内野安打で出塁。菊池の犠打で二塁に進み、続く丸の一塁ゴロの間に三塁へ、しかし、左翼スタンドの大歓声に背中を押されて打席に入った鈴木は、桑原の151キロ直球に詰まらされて平凡な右翼フライに終わった。

 三回の1死一、二塁のチャンスにもメッセンジャーの初球144キロの直球を打ち、二飛に終わった。

 試合後は「何も話すことはないです。まだ試合もたくさん残っているのでやるしかない」。4番の役割を果たせず、厳しい表情を浮かべた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス