文字サイズ

バティスタの適時二塁打などで広島が3点を先制

2回、西川の適時二塁打で生還する広島・バティスタ=Koboパーク宮城(撮影・金田祐二)
3枚

 「交流戦、楽天-広島」(9日、Koboパーク宮城)

 広島が二回、先制した。

 1死二塁から6番バティスタが右方向へ鋭い当たり。これが適時二塁打となり、先制点をもたらした。

 「打ったのはツーシーム。スライダーが頭にあったけど、速い球に負けずにコンパクトにスイングできたね」

 2死後、西川も続いた。ツーシームを左前にはじき返し、「コースに逆らわずしっかり入っていくことが出来ました」。さらに2死一、三塁から相手のスキを突くダブルスチールが決まり、3点目をもぎ取った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス