文字サイズ

誠也&安部 前夜の守備ミス、そろって汚名返上打! 口火打&V撃

1回、右中間に適時二塁打を放つ鈴木(撮影・吉澤敬太) 
1枚拡大

 「広島9-2DeNA」(18日、マツダスタジアム)

 前夜のミスの借りはバットで返した。0-2で迎えた初回。直前に鈴木の適時二塁打を見た安部はいつも以上の「覇気」を出した。なおも1死二、三塁。「絶好のチャンス、こんなにおいしい場面はない!」。フルカウントからの6球目。低めに沈む変化球にバットを合わせ、左前にポトリと落とした。技ありの逆転2点打だ。

 「今日は今日の風が吹くと思って臨んでいました。コーチの方や他の選手と話して、やり返すんじゃなくて、取り返そうと思っていました」

 前夜の逆転負けに絡んでしまった2人が、ヒーローだ。17日の試合では3点リードの九回、安部が一塁へ悪送球、鈴木はスライディングキャッチで後逸(記録は三塁打)していた。一夜明けて、鈴木も気持ちを整理していた。ペーニャ、ジャクソンから「楽しくゲームをやらないといい結果は出ないよ」と声を掛けられた。「気をつかわせるのはイヤ」と1打席目で前夜のショックを振り払った。

 そんな選手たちの姿は緒方監督の目にも、頼もしく映った。「次の試合でどうするか、挽回できる選手が試合に使ってもらえる。力を付けている証拠」と成長を認めた。悔しさを乗り越え、チームは結束を強くした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス