文字サイズ

広島が巨人に連勝で首位キープ 大瀬良が今季初勝利

7回、亀井の左飛で三走・重信が本塁をつくもアウトになり、ガッツポーズする大瀬良(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「広島1-0巨人」(27日、マツダスタジアム)

 広島が2位・巨人に連勝した。

 0-0で迎えた五回、松山、エルドレッドの連打などで1死一、三塁のチャンスをつかむと、会沢の左犠飛で先制。これが決勝点となった。

 先発の大瀬良は7回を4安打無失点の好投で今季初勝利を挙げた。

 巨人は再三、得点圏に走者を進めたものの、あと1本が出ず、2カード連続の負け越しとなった。

 今季初先発の巨人・宮国は6回1失点と好投も、打線の無援に泣いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス