文字サイズ

ドラ1加藤、初登板初勝利 残り2人で大記録逃すも快投

プロ初勝利を挙げ、緒方孝市監督(左)の横で笑顔を見せる広島ドラフト1位・加藤拓也=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
2枚

 「広島4-1ヤクルト」(7日、マツダスタジアム)

 広島のドラフト1位・加藤拓也投手(慶大)がプロ初登板初勝利を挙げた。大記録こそ逃したが、九回1死までノーヒットノーランという快投だった。

 九回1死一塁からヤクルト・バレンティンに三遊間を痛烈に破られて初めて安打を許した。続く雄平にも右前打を打たれ、1点を失ったところで降板。守護神の中崎が追加点を与えず、加藤に初勝利をもたらした。

 プロ初登板の加藤は初回のマウンドを右飛、補ゴロ、空振り三振と打者3人で終えるとリズムに乗る。二回と三回は四球をそれぞれ2個出したが、ここも乗り切り、8回を終えて7奪三振6四球で大記録に迫っていた。

 殊勲のルーキーは「すごく緊張しました。勝てて本当に良かったです。会場中の応援が聞こえて、すごく心強かったです」と初のお立ち台で大歓声に応えた。

 打線は初回に新井の適時二塁打で先制。三回に小窪の2点適時打、八回に石原の犠飛と得点を重ねた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス