文字サイズ

広島、来季コーチ陣全員留任 現行体制でセ連覇に挑む

 「日本シリーズ・第6戦、広島4-10日本ハム」(29日、マツダスタジアム)

 広島が来季のコーチングスタッフについて、ほぼ全員留任でリーグ連覇を目指す方向であることが29日、明らかになった。

 今季は石井コーチが守備走塁から打撃コーチに転身。東出、迎と打撃コーチ3人体制で12球団トップの153本塁打に導くなど、強力打線へと成長させた。32年ぶり日本一こそ逃したが、緒方孝市監督(47)も各コーチを信頼。球団首脳も「ほぼ動きはないだろう」と話しており、現行体制で連覇に挑むことになる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス