文字サイズ

野村、リーグトップタイ15勝目 最多勝は「ジョンソンと一緒に取れれば」

7回、高橋を三振に仕留め、声を上げる野村(撮影・吉澤敬太)
3回、2ランを放ち大歓声の中、本塁へ向かう鈴木(撮影・吉澤敬太)
2枚2枚

 「広島8-0中日」(16日、マツダスタジアム)

 広島が連勝を4に伸ばした。先発の野村が7回4安打無失点で、チームメートのジョンソンに並んでリーグトップの15勝目(3敗)を挙げた。

 野村は中日打線を散発4安打、無得点に封じる好投。打線の大量援護もあり、危なげない投球だった。八回は大瀬良、九回は塹江が無失点で、完封リレーを果たした。

 打線は三回、丸の右前2点適時打、鈴木の27号2ランなどで一挙6点を奪った。七回にはエルドレッドの中越え2点二塁打でリードを広げた。

 15勝目を挙げた野村はお立ち台で「ゴロを打たせれば、内野手がしっかり守ってくれると思ったので、腕を振って投げました。味方が大量の得点をしてくれたので、気持ち良く投げられた」と振り返った。ジョンソンと争う最多勝のタイトルには「ジョンソンと一緒に取れればいいなと思います」と、同時受賞を熱望した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス