文字サイズ

広島どっぷり!カープV祭り 25年分の喜び爆発!一夜明けても熱狂冷めん

 カープ優勝祝賀イベントに参加しようと広島本通には多数の人が詰めかけた=広島市内(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 一夜明けても熱狂は冷めやらない。プロ野球・広島が25年ぶりセ・リーグ優勝を決めた翌日の11日、地元の広島市中心部のデパートなどで記念セールが始まった。街中には「おめでとう」の垂れ幕が掲げられ、市内は祝福ムード一色に染まった。四半世紀ぶりの優勝の余韻を楽しもうとユニホームを着た人たちが街にあふれた。

 秋晴れのもと、地元の人たちの笑顔がまぶしい。広島県内は25年ぶりの優勝に祝福ムード一色だ。街のいたるところに広島の優勝を祝う垂れ幕、くす玉、看板が掲げられた。

 広島市内随一のにぎわいを誇る本通商店街では、優勝祝賀イベントが行われ、立すいの余地がないほどカープのユニホームやTシャツを着た人であふれた。マツダスタジアム建設の際、広島・松田元オーナーが幅12メートルのコンコースにこだわったのも、この本通をイメージしてのもの。地元の人にとっては、おなじみの場所だ。

 県内各地のデパートやスーパーでも優勝記念セールが始まった。ライオン像に緒方監督のユニホームを着せた広島三越には、開店前に200人以上が並んだ。ユニホーム姿の従業員が「25年間、この瞬間を待っていた」と号泣しながらくす玉を割ると、客らの中にはうれし泣きする人も。純金製の野球ボール(約500グラム、550万円)とバット(約430グラム、510万円)を用意。バットは既に購入予約が入ったという。

 マツダスタジアムのグッズショップには、優勝記念グッズを求め、開店前からファンが詰めかけた。広島市内の男性会社員(28)は「日曜日で会社が休みだったので買いに来た。緒方監督、優勝してくれてありがとう」と25年ぶりの優勝に感謝していた。

 旧広島市民球場跡地で開催中の「オクトーバーフェスト2016」のイベントスペースでは60インチの大型テレビを7台設置し、この日の巨人-広島戦(東京ドーム)のパブリックビューイングを実施。試合は0-8で敗れたが、ファンはユニホームを着てスタンドさながらに声援を送った。

 主催する広島テレビ営業本部の小田慎二さん(43)は「旧市民球場というのもあるのでしょう。たくさんの人に来ていただいた。みなさん優勝の余韻に浸っている感じですね」。観客は大敗にも余裕の表情を見せた。

 広島市内を走るバスや電車にも優勝を祝う幕が付けられ、どこにいっても祝福ムードばかり。25年ぶりの喜びは、しばらく続きそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス