文字サイズ

ルナ、六回までに4失策 ワースト記録

3回、ビシエドの打球を失策する広島三塁手のエクトル・ルナ=マツダスタジアム
1枚拡大

 「広島10-1中日」(14日、マツダスタジアム)

 広島のエクトル・ルナ内野手が、1試合で4失策し、セ・リーグ三塁手のワースト記録を更新した。

 ルナは初回、高橋の三塁ファウルゾーンに上がった飛球を落球。三回1死二、三塁ではビシエドのゴロがグラブからこぼれた。四回無死にも堂上の正面のゴロが手に付かなかった。この時点で3失策は三塁手のリーグタイ記録だった。

 そして六回、2死走者なしの場面で、桂の三塁線へのゴロをさばいたが、一塁へ悪送球。桂は二塁へ進み、記録は安打とルナの失策となった。

 パ・リーグ三塁手のゲーム失策記録は近鉄・宝山省二が1951年に記録した4。ルナはプロ野球ワースト記録に並んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス