文字サイズ

会沢が全快宣言!頭部死球は問題なし

 フリー打撃で快音を響かせる会沢(撮影・保田叔久)
1枚拡大

 広島・会沢翼捕手(27)が13日、甲子園での全体練習でフルメニューを消化し、12日・中日戦(ナゴヤドーム)で受けた、頭部死球の影響がないと明言した。

 大粒の汗が流れた。室内練習場でキャッチボール、ダッシュなどのメニューをこなした会沢は、普段通りの様子で話した。「練習では全然問題なかった。大丈夫です」と、力強く言った。

 中日戦の三回、山井の投球が頭部に直撃した。しばらく倒れ込み、ストレッチャーで運ばれ、治療後にグラウンドに復帰した。延長十二回をフル出場した後、名古屋市内の病院へ。「骨、脳に異常なし。様子を見ながらプレーは可能」と、診断されていた。

 一夜明けても問題がなかったことで、1軍からの離脱危機は免れた。14日の阪神戦(甲子園)では、石原に代わって最近3戦連続でバッテリーを組む野村が先発する。順当なら会沢のスタメンマスクが見込まれる。

 前半戦は残り2試合。17日からは初出場するオールスターが控えている。会沢は「しっかり自分のやることを、やっていくだけです」と前を向いた。晴れの舞台を気持ちよく迎えるためにも、前半戦最後の阪神2連戦を、いい形で終えたいところだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス