文字サイズ

ロサリオが急性虫垂炎で投薬治療

 広島のライネル・ロサリオ外野手が8日、キャンプ地・日南市内の病院で検査を受け「急性虫垂炎」と診断された。

 7日夜に頭痛、腹痛、発熱の症状を訴え、一夜明けて病院へ。投薬治療を受け、その後は宿舎で静養した。キャンプの練習は欠席した。

 今のところ手術をする予定はない。復帰時期など今後については状態を見て決める。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス