文字サイズ

エルド獲ルド!本塁打&打点王2冠宣言

 報道陣の質問に答えるエルドレッド(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 広島のブラッド・エルドレッド内野手(34)が29日、マツダスタジアムを訪れ、外国人選手では球団史上初となる本塁打&打点の2冠獲得を誓った。37本塁打で昨季は本塁打王に輝き、打点はリーグ2位と射程圏。在籍外国人選手の最古参として旗振り役を担い、タイトル奪取をもくろむ。

 瞳がキラキラと輝いていた。昨季、手にした自信が眼光に宿る。過去にエルドレッドが個人的な目標を口にしたことはない。だが今年は、高らかに2冠奪取を宣言した。

 「ホームランバッターは多くいるが、今年も期待に応えたい。タイトル獲得を狙ってやっていく。打点?一番重要なカテゴリーだ。去年は手に届くところまでいったから頑張りたい」。本塁打王と打点王の獲得へ力強い決意表明だ。

 球団で2冠に輝いたのは、ミスター赤ヘルと呼ばれた山本浩二氏(80、81年)のみ。E砲がダブルタイトル獲得となれば、外国人選手としては球団史上初となる。37本塁打、104打点以上。いずれも昨季を上回る数字を自らに課した。

 有言実行への準備は整っている。自主トレは「トレーナーと1対1でしっかりトレーニングできた」。フロリダ州のジムで筋力トレによる肉体強化を図り、投手を相手にした打撃練習も行った。好調だった前半と絶不調だった後半の打撃を映像でチェックし、調子の波を小さくするための改善策を探した。

 今季の外国人選手は育成も含めれば7人。4席の外国人出場枠をめぐって春季キャンプから競争が始まる。昨季のキングにも定位置は確約されていないが「体は動く。いい形でキャンプに入れるよ」とサバイバルレースを勝ち抜く自信はある。

 来日4年目。バリントンが抜け、外国人選手では最古参。「新しい選手も入ってきた。リーダーシップを発揮して、日本人の輪の中に入れていきたい」。中心選手としての自覚も頼もしい限りだ。

 「また広島に帰ってこられてうれしい。去年、いい成績を収められた。今年はさらなる成績を残したい」。球団史を塗り替えてレジェンドになる-。主砲・エルドレッドが走りだす。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス