文字サイズ

バリントン退団 さらば鯉最多勝助っ投

 広島のブライアン・バリントン投手(34)、ザック・フィリップス投手(28)が、今季限りで退団することが30日、分かった。キャム・ミコライオ投手(30)の去就は未定ながら、来季の外国人の陣容がほぼ固まった。2年連続Aクラスに貢献した優良助っ人を放出してまで、血の入れ替えを断行。緒方孝市新監督(45)が率いる来季、24年ぶりの優勝へ新体制で挑む。

 広島助っ投史上最多の40勝を挙げたバリントンが、今季限りで退団する。今季も9勝を挙げ、チームの2年連続Aクラスに貢献した。広島の町を愛する性格もファンに知られ、球団史に残る優良助っ人だった。

 球団は今季で契約が切れた右腕に対し、再契約の条件提示を行っていた。しかし、29日に新外国人左腕、クリス・ジョンソン投手(30)=ツインズ=の獲得に成功したことを受け、条件提示を取り下げた。左腕フィリップスとの優先交渉権も放棄した。

 球団首脳はジョンソンについて「普通なら争奪戦になる。うちにたまたま早くチャンスが来た」と評価。140キロ台中盤の直球を軸に、スライダー、カーブ、チェンジアップを駆使し、メジャー未勝利ながら傘下の3Aでは2年連続10勝。今季は左腕の先発白星がわずか5勝(篠田3勝、戸田2勝)だっただけに「先発でコンスタントに投げてくれると思う」と期待を寄せる。

 3年連続20セーブを挙げている守護神ミコライオの去就は微妙だが、抑え候補の新外国人左腕マイク・ザガースキー(ブルージェイズ傘下)を獲得した。

 今季途中加入で3勝0敗のヒースを、抑えに転向させるプランもある。阪神とのCSファーストSでリリーフを務め、2試合計2回2/3無失点と好投したためで、今後は先発と両にらみで調整させる。

 野手ではキラが退団し、1年目年俸が球団最高額となる100万ドル(約1億800万円)でヘスス・グスマン内野手(30)=アストロズ=を獲得。球団は一塁エルドレッド、左翼グスマンに主軸を任せる方針だが、今季サイクル安打を達成するなどブレークしたロサリオも控えている。

 1軍で同時に出場選手登録できる外国人枠は4。緒方監督は「いろいろな組み合わせを考えなくてはならない」と、来季へ考えを巡らせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      これも読みたい

      あとで読みたい

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      あわせて読みたい

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス