文字サイズ

2位九里“初競演”の1位大瀬良を無視

 広島ドラフト2位の九里亜蓮投手(22)=亜大=が20日、廿日市市の大野練習場での合同自主トレで、初めてブルペン入りした。2度目のブルペン入りだった同1位の大瀬良大地投手(22)=九州共立大=と“初競演”したが、「自分は自分」とライバルを“無視”。開幕ローテ入りへ、マイペースを貫く構えだ。

 乾いたミット音がリズムを刻む。九里が初ブルペンで力強い投球をお披露目した。捕手を立たせて50球。状態を確認しながら、右腕を振り下ろした。

 3つあるマウンドの一番奥に陣取った。隣には大瀬良、その隣には一岡。開幕ローテを争うライバルとの“競演”で、力みそうなものだが関係なかった。「一岡は一岡。大瀬良は大瀬良。自分は自分なので。意識したりはしません」と、言い切った。

 周囲には流されない。昨年は1月2日にブルペン入りし、約200球を投げ込んだ。今年は大瀬良より初ブルペンが2日遅い。調整遅れを心配する声もあるが「プロにはプロの調整法がある。対応しながらやっています。自分を崩さずにいきたい」と、焦りの色はみじんもなかった。

 投球では直球、カーブ、チェンジアップ、ツーシームに加え、カットボールを試投した。亜大2年時に、球種を絞るために封印した変化球だ。「持ち球は増やしていこうと考えています。年々進化していかないと、毎年安定した成績は残せないので」と説明。早くも2年目以降を見据えている。

 視察に訪れた山内泰幸投手コーチ(40)は「体重を乗せて、ボールを前でリリースしようとしている。以前見た映像よりも、フォームが安定しているし楽しみ。(1年目の)野村や福井よりも仕上がりが早い」と、目を細めた。

 九里は「自分の中ではまだまだ。リリースの位置がバラバラ」と反省を口にしたが、表情は涼しいまま。想定通りの調整ロード。「自分はしっかりコツコツと、自分の色を出していきます」。10勝以上を目標に掲げており、まずは開幕ローテ入りがその第一歩。泰然自若と、競争に勝つ態勢を整えていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(カープ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス