文字サイズ

石原が結婚!お相手は癒やし系元タレント

 広島の石原慶幸捕手(33)が元タレントの八幡悦子さん(33)と結婚していたことが27日、分かった。今季終了後に婚姻届を提出し、26日には2人で広島市内の球団事務所を訪れ、松田元オーナー(61)に結婚を報告した。チーム内ではただ1人、30代で独身だった大物がついに人生の伴侶を得た。

 白浜に続き、おめでたいニュースが野村鯉から飛び出した。愛媛・松山市内で行われた選手会納会ゴルフの後、石原は「結婚しました。相手は同い年です。なれ初め?いいじゃないですか、そういうことは」と、照れ笑いを浮かべ、結婚していたことを明かした。

 婚姻届はシーズン終了直後に提出したもようだ。挙式披露宴の日時は公表しなかったが、現在は広島市内で同居生活を送っているという。気になる新婚生活については「いいじゃないですか」と恥ずかしそうに頬を緩めた。

 33歳で独身生活にピリオドを打ち、射止めたお相手の悦子さんは元タレントで、小池栄子らが所属する芸能事務所のイエローキャブにも所属した。すでに芸能界を引退しているが、その美ぼうは今も健在で、球団関係者は「癒やし系な感じの女性」と話す。

 人生の伴侶を得た石原だが、来年は愛妻のためにも働かなければならない。今年はオープン戦中に左手を負傷し、開幕直後に戦線を離脱した。5月に復帰するも、後半戦再開直後の7月26日ヤクルト戦では走塁中に右太ももを負傷し、2度目の離脱を経験。8月に復帰したが、満足なシーズンでなかったことは間違いない。

 過去4年間は毎年100試合以上の出場を続けていたが、今季は77試合の出場数に止まった。打撃成績も、打率・240、1本塁打、22打点と低調だっただけに、「来季は頑張ります。結婚してという気持ちはあるし、全試合出場という気持ちでいる」と心機一転、巻き返しを誓った。

 もちろん最大の目標は初のCS進出、そして22年ぶりのリーグ優勝だ。「今年もBクラスだったし、昨年、今年とCS争いをしながら、最後の踏ん張りができなかった。来年はもう一踏ん張りし、チームが勝てれば。それが一番」。私生活も落ち着き、野球に集中できる環境が整った石原。来年こそ自分が“不動の女房役”となり、頂点へ向けて投手陣を引っ張る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      これも読みたい

      あとで読みたい

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      あわせて読みたい

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス