文字サイズ

巨人・原監督、涙の亀井と抱擁「困った時のかめちゃん頼み、守り神だった」

 原監督(右)から花束を受け取る亀井(撮影・西岡正)
 原監督(右)が話す横で汗をぬぐう亀井(撮影・西岡正)
 引退会見を行う亀井(撮影・西岡正)
3枚

 巨人の亀井善行外野手(39)が21日、東京都内で引退会見を行った。故障と戦いながらも勝負強い打撃や俊足強肩を生かした守備力を武器に巨人一筋17年間プレー。昨季痛めた股関節などが完治せず引退を決断。時折涙を浮かべて自らの口で決断への思いを明かし、野球人生を振り返った。会見後は原辰徳監督が花束を贈呈。握手、抱擁を交わし、亀井は涙を浮かべた。

 原監督は「つい10日くらいでしょうか。副代表の方から亀井選手はこういう意思を持っていますと。私も聞いていますと。その中で彼と話をして、ジャイアンツで長くに渡って貢献してくれたことに感謝した」と引退報告の状況を説明した。

 通算101本塁打の亀井に対し、「通算100本ちょっと、私は初めに見たときに感じたものと数字は半分くらいだな。もっとできたな。亀井ちゃんと2人で苦笑いした」とやりとりを明かした。

 亀井は上宮太子高から中央大を経て、04年のドラフト4巡目で巨人に入団した。大きな転機を迎えたのは09年。原監督が監督を務めた第2回WBC日本代表に選出され世界一を経験。この年は初めて規定打席に達し日本一に貢献。球団タイのサヨナラ本塁打3本を含む自己最多の25本塁打をマークした。

 原監督は「WBCで一番初めにメンバーを決めたのが亀井、片岡、川崎。日本代表、混成チームを作るのに最も重要なのがサブプレーヤーだと感じました。侍でもいい働きをしてシーズンでは人が変わったように打ってくれた」と振り返った。

 「亀井という選手は私の中で想像できない素晴らしいプレーもあるけれど、思ったように順調にという選手ではなかった。僕の中ではいつでも若手、中堅、毎年、毎年期待をしている選手だった。監督に復帰したときには若手のお手本になっていました。困った時の亀井頼みと、常に私の中ではジャイアンツの中では守り神」と思いを語った。

 すでに1軍に合流。23日のホーム最終戦・ヤクルト戦(東京ドーム)後にセレモニーを行う。「まだ戦いは残っています。まだデッドボールの影響で足は完璧ではないが、戦力として“困った時のかめちゃん頼み”というのはまだ卒業しないというのを宣言してねぎらいの言葉としたいです」と最後の勇姿を披露させる思いだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス