文字サイズ

斎藤佑樹 笑顔から一転 涙、涙の引退登板 11年間の最後は四球「最後まで迷惑を」

7回から登板する斎藤(撮影・堀内翔)
7回途中、降板して声援に応える斎藤(撮影・堀内翔)
2枚

 「日本ハム-オリックス」(17日、札幌ドーム)

 日本ハムの斎藤佑樹投手が七回の最初から登板した。先発・上沢の後を受けて2番手でマウンドへ。福田と対戦し、フルカウントからのボールが外に外れ、四球を出した。打者1人で降板し、ベンチで栗山監督に声をかけられると涙があふれ出た。

 この日は引退登板と位置づけられ、多くの地元ファンが札幌ドームに詰め掛けた。アナウンスされるとスタンドからは大きな拍手がわき上がった。登場曲「勇気100%」が流れる中、投球練習を行った。ファンの大半が、この日に配布された引退登板記念の応援ボードなどを掲げていた。

 対戦相手は福田。初球は129キロでストライク。2球目は外れ、3球目は125キロをファウル。1球ごとに客席から拍手が起こり、ベンチも総立ちで前のめりになって勇姿を見守った。追い込んだが、ボール、ファウルと続き、6球目もボールでフルカウントに。勝負の7球目は外角に外れた。

 内野手が集まったマウンド上では笑顔を見せていた斎藤だったが、ベンチに引き揚げ、栗山監督から何か声をかけられると、涙があふれ出た。その後も、涙を流しながら戦況を見守った。

 斎藤は「最後の最後までみんなに迷惑をかけてしまいました。(堀)瑞輝が抑えてあの回をしのいでくれたので、本当によかったです」と安どしていた。「ファンの方々の拍手が最後投げる力の後押しをしてくれました」と感謝した。

 斎藤のプロ11年間の1軍成績は、89試合15勝26敗。四球は155個目だった。

 栗山監督は試合前に「上沢の後にいく」と明言し、イニング途中で先発の上沢が降板した場合には「誰かを挟む」と、次のイニングからの登板を想定していた。また、相手のオリックスに対しては「三振とかしなくてもいい、と。向こうも必死だから普通にやってくださいとお願いはしたので。それが斎藤の望みだと思うので」と通常通りの対戦を申し出ていた。

 試合は、日本ハムがR・ロドリゲスのタイムリーで先制。同点にされた後、王柏融のソロなどで3点をリードしたが、六回に2点を返され、1点差に追い上げられていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス