文字サイズ

ソフトバンクがバレンティンをウェーバー公示手続き申請 今季22試合4本塁打

ソフトバンク・バレンティン
5月28日の交流戦・巨人戦。お立ち台でのソフトバンク・バレンティン(右)と栗原=ペイペイドーム
2枚

 ソフトバンクは5日、ウラディミール・バレンティン外野手について同日付でウエーバー公示手続きを申請したと発表した。

 バレンティンはヤクルトで9年間プレーし、13年のシーズン60本塁打を含めてシーズン30発以上を8度記録。20年からソフトバンクに移籍し、2年契約を結んだ。

 しかし、同年は60試合の出場で9本塁打。今季も22試合の出場で4本塁打と不振で、6月25日に出場登録選手を抹消されて以降はファーム暮らしが続いていた。

 そして、9月30日のウエスタン最終戦でのプレーを最後に、10月3日に帰国したことが球団から発表されていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス