文字サイズ

オリックス・宮城が六回途中3失点KO「ゲームを作ることができず悔しい」

楽天戦に先発したオリックス・宮城=楽天生命パーク
 1回、浅村(右)に先制ソロを浴びた宮城
2枚

 「楽天-オリックス」(14日、楽天生命パーク宮城)

 オリックス・宮城大弥投手(20)が、5回0/3を3失点でKOとなった。

 今季の楽天戦は2戦2勝。計16イニングを無失点と好相性。だが、初回2死から浅村に右翼ポール際への12号先制ソロを浴びると、五回は2死三塁から山崎剛の左前適時打、さらに満塁から押し出し四球を与えた。

 続く六回に先頭の茂木に四球を与えて交代。今季ここまで11勝1敗の宮城。交流戦の阪神戦で付いた黒星のみで、パ・リーグチーム相手に黒星はなかったが、相手にリードを与えた状況での降板となった。

 3試合連続で勝ち星を得ることはできず、宮城は「任されたイニングは何とか投げきりたかったですし、ゲームを作ることができず悔しいです」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス