文字サイズ

オリックス 大下が劇的なサヨナラ打!追撃の代打弾を含めて大暴れ ロッテから首位奪還

9回裏オリックス、1死満塁、中越えにサヨナラ打を放ち、祝福される大下誠一郎=ほっともっとフィールド(撮影・佐々木彰尚)
9回、中越えにサヨナラ打を放った大下(撮影・和田康志)
9回裏オリックス、1死満塁、大下誠一郎の中越えサヨナラ打に、喜ぶベンチ=ほっともっとフィールド(撮影・佐々木彰尚)
3枚

 「オリックス4-3ロッテ」(7日、ほっともっとフィールド神戸)

 オリックスが劇的なサヨナラ勝ちで首位の座を奪い返した。同点の九回1死満塁で、大下が中越えに試合を決める一打を放った。

 劣勢ムードを変えたのも大下のひと振りだった。2点を追う八回先頭の頓宮に代わり、代打で登場。カウント2-2からの佐々木千の6球目、129キロを左翼スタンドに運ぶ1号ソロを放った。

 1死後には伏見が左中間へ二塁打。代打・西野の右飛で三進すると、福田の遊ゴロ失策で同点に追いついた。

 主軸の吉田正が故障で離脱。この日は先発の宮城が先取点を許す苦しい展開だったが、一丸で勝利をつかんだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス