文字サイズ

ヤクルト・山田が“五輪内定御礼弾”の先制18号「最後までしっかり押し込んで」

1回、山田は18号ソロを放つ=神宮(撮影・佐藤厚)
1回、山田は18号ソロを放つ=神宮(撮影・佐藤厚)
2枚

 「ヤクルト-中日」(19日、神宮球場)

 ヤクルトの山田哲人内野手が、先制の18号ソロを放った。東京五輪内定後の初の“御礼弾”となった。

 初回1死二、三塁のピンチを、エース・小川が踏ん張った直後だった。2死走者なしとなったが、山田が左腕・小笠原の直球を捉えて右翼席へ。2試合ぶりの18号で、まずは先手を取った。

 山田は「少し差し込まれましたが、最後までしっかり押し込んで打つことができました。先制することができて良かったです」と振り返った。

 ヤクルトからは、侍ジャパンに山田と村上が選出された。18日の同戦で村上が先制弾を記録し、この日は山田も先制弾。二人そろっての“御礼弾”で、チームに勢いをつける。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス